就職できなかったストレスからニキビが急増しました。就職活動のためにも、ニキビを効果的に治療していきます。

  • カテゴリー:
  • ダイエット
  • 20代就職浪人によるニキビ改善日記

    ダイエット

    食生活で血行を良くする!私の育毛対策

    薄毛に悩んで3年になりますが、最近は食生活でも薄毛に効果のあるものをと思うようになりました。
    にんにく、そして玉ねぎなどは、血行をよくしてくれるのでとてもオススメです^^
    ビタミンEも、もちろん摂取するようにして、日々意識しています。
    育毛剤や育毛シャンプーなどを使用するのも良いですが、食生活でも髪に良いもの食べることができれば、
    さらに育毛対策が充実すると思います^^
    これからも育毛剤&食事で、しっかり育毛対策をしようと思います!

    ▽オススメの育毛剤サイト
    スキンケア化粧品レビューブログ

    下着が当たるところにニキビが出来た場合は

    下着の紐が当たる部分にニキビが出来ると痛みを生じやすいだけでなく、治りも悪くなります。背中は体の中でも比較的ニキビが出来やすい場所ですが、それがちょうどブラジャーの紐が当たる場所だとなかなか大変な思いをすることになるのです。
    以前から背中にニキビが出来やすく、その半数ほどは下着の影響で出来る物らしく下着が当たって痛みを伴うことが多いです。思い切って下着を外してしまえば楽だけど、日中ずっと着用しないままでいるわけにもいきません。
    背中にニキビが出来てしまって痛い時は、出来るだけ通気性がよく、締め付けないブラジャーを使用するように心がけています。更に就寝中は下着を外すなどして、極力患部に刺激を与えないようにすると若干治りも早くなります。

    皮脂の分泌が多い鼻にできたニキビ

    私は、以前、親元を離れて都会で一人暮らしをしていた当初、鼻にニキビができてしまったことがありました。触ってみてわかったことなのですが、鼻というのはとても皮脂の分泌量が多く、テカテカしている部分です。私は、男性ですのでお化粧はしませんが、それでもきちんと皮脂に対するケアをしないと、鼻にニキビができてしまうことを知りました。
    それからというもの、私はあぶらとり紙を常に持ち歩くようにしました。ちょっと汗をかいたりしてしまったときは、すぐにこのあぶらとり紙で、鼻にある皮脂を取り除き、鼻のケアに対して細心の注意を払いました。
    そのときの私は、急に一人暮らしをして慣れない生活をしたことも原因だったと思いますが、きちんと鼻をケアすることで、それからは鼻にニキビができなくなったのです。

    私の大人ニキビとの付き合い方

    それは色々な所から出現します。額や頬、あごや口の周り、耳の周りや首に出てくることもあります。ポツンと一箇所だけなので、私はあまり気にならないことが多いのですが、ちょっと疲れたなと思うと出てくるこれらを、体調管理のバロメーターとして考えています。出てきたときには少し休むなりリラックスを心がけるなりして体を労わる。そうやって大人ニキビと付き合うようにしています。。

    背中ニキビを治したい!!

    私が背中ニキビに悩み始めたのは、20歳を過ぎた頃からでした。
    その当時は、すごく環境の変化があり、ストレスがたまっていたのですが、その結果、背中に沢山のニキビができました。
    赤く腫れあがったニキビが出来るので、下着を着る時も痛かったです。
    自分の背中を鏡で見ると、本当にビックリするほどニキビが出来ていました。
    夏などになると、肌の露出も増えるので、私はいつもあまり背中が見えないようなデザインの洋服を選んでいました。
    あれから、月日は経ちましたが、まだニキビの跡が残っています。
    このニキビ跡もすごく悩みものです。
    私は、ニキビが跡になって残りやすいタイプなので、顔にニキビができても跡がなかなか消えません。
    それと同様に、背中ニキビが出来ると、ニキビ跡が残り、背中がボツボツだらけなのです。
    ちゃんと背中ニキビを治して、キレイな背中を手に入れたいです。

    大人ニキビと化粧

    大人ニキビを見つけたら気分が沈んでしまいます。
    今までなかったホクロが顔に出来てしまったような気分にさえなります。
    慌ててファンデーションでカバーをしてしまいますが、皮膚科などでは化粧をやめるように言われてしまいます。
    ですが、ノーメイクでいたからといってすぐに治るという訳ではありません。
    確かに油分の多いものは悪化の原因となるようですが、さらっとしたパウダーファンデーションや粉おしろいだとあまり影響がないとも言われています。
    赤みが目立つ時はコンシーラーでカバーするなどして、全体に厚く塗りすぎないよう肌への負担は軽くしておく必要があります。
    大人ニキビをあまりストレスに思わず、上手にカバーする事もとても大切です。